マサ君と好きなドラマについて

窪田正孝さんを応援しています。 Yahooブログから引越してきました。

2018年12月


 1.  リーガルV        15.74%

 2.  相棒17          15.3 %

 3.  下町ロケット       13.61%

 4.  SUITS           10.81%

 5.  大恋愛           10.11%
 
 6.  今日から俺は!       9.87%

 7.  ドロ刑             8.83%

 8.  獣になれない私たち    8.75%

 9.  駐在刑事           8.1%

10.  中学聖日記          6.92%

11.  黄昏流星群          6.71%

12.  僕らは奇跡でできている   6.58%

13.  僕とシッポと神楽坂      5.25%

14.  ハラスメント・ゲーム      4.9%

15.  あなたには渡さない      3.53%

16.  ブラックスキャンダル      3.33%


こうやってみると、バラエティーに富んだ作品が多かった
ですね。

そして、今年1年のドラマを振り返ると、高視聴率のドラマも
ありましたが、「アンナチュラル」本当に良かったです。

マサ君が出ているから。。。という理由ぬきで、脚本もキャスト
も素晴らしいと思ったドラマは久しぶりでした。

もちろん、その一端にマサ君がいた事は、とても嬉しいこと
ですが。。。
アンナチュラルの続編、来年やって欲しいです。
六郎君に会いたい

さて、来年は久しぶりにマサ君の舞台があって、沢山のマサ
友さんにお会いできるのがとても楽しみです。
来年もよろしくお願いします。


イメージ 1


今年最後のNの丘の夕日です。
下から、成瀬君上がってこないかな~と初夢に期待



イメージ 1



写真1カット1ページが3ページ、写真3カットと記事1ページ
が1ページ、写真2カットと記事1ページが1ページ合計5ペ
ージです。

サイン入り写真のプレゼントがあって、お値段926円+税金です。
ステージ系の雑誌は、ちょっとお値段高めですよね~


イメージ 2



「僕がやって面白いな、続けていきたいなと思ったのは
映画「十三人の刺客」(2010年)でした。 役所広司さん、
松方弘樹さんをはじめそうそうたる方々がいらっしゃる中
で、みなさんの芝居を目の前で見られたのは、すごく大き
かったです。 

誰一人、誰かの芝居をなぞろうというのが全くなかった。
全員が芝居の感覚が違う。 それがすごく面白かったです。
役での死にざまがまたみんな違う。
何か不思議な感覚になりました。」

この映画、本当に豪華キャストですよね~
ゴローちゃんが大絶賛された映画だけど、当時も今も庄次郎
を探しちゃうんですよね(笑)


イメージ 3


取材後、撮影で窓辺に立った窪田は、冬のシンとした
空気に溶け込んで消えてしまいそうだった。 少年のよ
うな無邪気な笑顔も熱く演技を語る姿も、確かにそこに
あるのに、こちらが気を抜くと見失ってしまう。。。うたかた。。。

「僕は思い出の河を行く織部」そのセリフをふと思い出した。
空を見上げた姿は、儚く透明だ。

すべてを受け止め、すべてを出し切る。
それが役者・窪田正孝の魅力であり、覚悟だ。

記事も良いですよね~写真もステキですし、オススメです。


イメージ 4






イメージ 1


年の瀬ドラマ 第1夜 ”ブスだって I LOVE YOU”

(あらすじ)
異性から全くモテない美容師の陽菜乃は、美人の後輩
美里に強いコンプレックスを抱き美容整形手術を受ける
ことに。。。。

尼子インターの誠子さんと新井優愛さんのW主演のドラマ。
世の中の美的意識が反対になってしまった世界。。。
絶世の美女となった陽菜乃。。。。
すっかり有頂天になってましたね~

そして結局、好きな男、クズでしたね(笑)
男を見る目がなっかったっていう事に気がついた事それだけ
でもよかったですよね~


イメージ 2


年の瀬ドラマ第2夜 ”平成ばしる”

(あらすじ)
テレビ朝日のAP・猫宮は、ゲストの松重豊の出迎えへ行く
途中、ラジオ番組のAD・彩香と出会い、騒動に巻き込まれる。

走って、走って、ADとAPの大変さが年末の忙しさと共に、あるある
でしたね(笑)最後はほんわかした良い話だったけど。。え~Pさん
暴力ふるちゃっていいんですかパワハラですよ~(笑)


イメージ 3


忘却のサチコ 最終話。

(あらすじ)
幸子の元に、俊吾が突然帰ってくる。
幸子は俊吾に、失踪した理由を聞こうとするが、何事も
なかったように平然としている俊吾の言動に聞くのを
ためらってしまう。

第1話の「三宝食堂」が再び登場(笑)

イメージ 4


俊吾さん、結局放浪癖のある(笑)ヒモメンだったと
いうことなのかな

まあ、ご飯作ってくれたりするわけだから、ヒモという
より主夫希望とか
そして、手紙をよこしていたから、てっきり外国にいるか
と思ったら、幸子の近くにいて、テレビの生放送に出演
して、幸子にアピール。。。

俊吾さん、ヤバい人だったのね(笑)
成長した幸子は、俊吾に別れを告げられたけど、実家
追い出されたっぽいですよね。。。翔ちゃんにならって
幸子のところに再びやってきそう~
そして、ヒモメンのサチコ編始まりそう(笑)





イメージ 1


写真1カットと記事1ページが2ページで、お値段は770円。
サイン入りの写真のプレゼントは、ありません。

スタイリストさんは戸倉さん、ふ~良かった(笑)
この調子で来年も、戸倉さんにお願いしたいです。
あのスタイリストさんの復活ありませんように(笑)


イメージ 2


好きな食べ物は
 梨 美味しいですね~。 ずっと食べていられます。
 果物から摂れる栄養もあるので、バナナとかミカン
 とか意識して食べます。

女性誌意識しての発言なのかな(笑)
かと思ったけど(笑)



イメージ 3


いま一番お気に入りのミュージシャンやアルバムは
 シーア。 音楽に詳しいスケジュールスタッフさんに教えて
 もらったんですが、「アライブ」という曲がすごく好きです。
 かすれた声がよくて、ちょっとエロいんです(笑)。
 聴いていると壮大な気持ちになります。

結婚するとしたら望むことはただ一つ。
「奥さんは料理上手な人がいいですね。 胃袋捕まれたいです(笑)」

料理上手は、大きな結婚への武器(笑)ですからね~
胃袋掴むために、頑張りましょう(笑)


イメージ 4


まず、マサ君の名前がこの表紙に載ってないんですよね~
本屋で、確認しましたが、白黒写真1カットと記事1ページで
まあ、目新しい写真でもないし、千円以上の雑誌ですからね~

他の記事に興味がないとなかなか買えないです~
家庭画報様、次は春馬君ぐらいの記事をお願いします(笑)


イメージ 1


特典がそれぞれあって、いったいどこから買えばいいの~(笑)
でしたが、写真が付くといっても、新しい映像じゃないし、特別
なDVDも新真選組と万時屋の3人だろうし。。。ということで
初回限定版の中で、一番安い所に決めました~


イメージ 2


(あらすじ)
時は幕末ー地球人と宇宙人・天人が共に暮らす江戸・歌舞伎町。
”万時屋の銀ちゃん”は、いつものように家賃を滞納し、大屋の
お登勢と言い合いになっていた。 食料も底をつき、銀時は渋々
バイトを始めるが、あろうことか、女装してキャバクラ嬢として働く
はめに。。。その頃、店の外では、将軍の護衛にあたっていた土方
は、攘夷浪士たちに囲まれていた。


イメージ 3


監督と万時屋3人のコメンタリー面白かったけど。。。
万斉について、「カッコイイ」だけですからね~
まあ、大変そうだったとは言ってくれてますが、もう少し
なかったのかな~と、つい欲張ってしまいました(笑)

今回、真選組の話ですからね~
特に土方は、トッシーと。。。ですもの、持っていきますよね。


イメージ 4


特典映像には、銀時、鴨太郎、山崎、片栗虎、高杉の
ところにも、万斎さん映ってます(笑)

マサ君のアクションを見て、福田監督「素晴ら」って言って
下さっているのが、嬉しいですよね~


イメージ 5


マサ : 嫌いなもの3つ出来ました。
小栗 : 次の誕生日に本物の三味線。。。。
マサ : いらない。。。
小栗 : 本物のヘッドフォンと本物の三味線と。。。
マサ : 大丈夫っす。。。本当にいらないっす。。。
小栗 : 三味線弾いてね。
マサ : 本当にいらない~

嫌いな物は 三味線、ヘッドフォン、サングラス。。。って
NG映像見ても、そりゃ~嫌いになりますよね~


イメージ 6


カメラ、危なかったですね~
忍者さん達との殺陣のシーン、動く度に三味線が忍者さん達に
当たってしまって、カットがかかると、いつものように「大丈夫で
すか」って聞きにいくマサ君、変わらないな。


イメージ 7


将軍が厳寒2月に裸で太秦を走る。。。というシーン。
これ、すごいシーンなのに、バッサリ切られて本編に
入ってないんですね、

将軍が走るだけじゃなくて、キャバクラのメンバー、そして
真選組も。。。あんな大規模に走っていたのに(笑)

そして、神楽がお登勢に追いつかれそうなのは、演出って
思ってたら、神楽が遅いんじゃなくて(笑)緑子さん、と~ても
足が速かったとか(笑)




↑このページのトップヘ